看護師

辛い今から抜け出すために

ナース

心のモヤモヤを払拭

今現在においては鬱病などの心の病を抱え、心療内科へ足を運ぶ方が増えています。その際、医者が患者の鬱病を診断するにあたり、何よりも重要なことは診察です。鬱病に詳しい知識を持つ、専門家でもある精神科医が診察をやっていき、鬱病という名の病気に当てはまる精神状態かをチェックしていきます。鬱病になった原因は患者それぞれにより変わってくるので、診察の仕方にもその患者によって違いが出てきます。そして、鬱病を発症することで数々の症状が現れてきます。ですが症状が様々ある中、辛くてどうしようもないものもあれば、何とか耐えることが可能な軽めのものもあります。患者に関しては、何か悩みを抱えているからこそ病院までわざわざ足を運んでいるわけです。その患者がどんなことで頭を抱えているのかをお互い話し合うことで、患者がこれから受けるべき治療を満足感の得られるものにしていけます。それから、精神科を利用するまでにどのような過程があったのかも、診断をきちんと決める上でも非常に大事なことです。鬱病のもととなる精神的苦痛を抱えていたのかなど、その過程から診断に至るまでの患者の情報を、数多く知ることができます。また、患者がどういった考えの持ち主なのか、もしくはどんな性格をしているのかなどを把握するのも精神疾患では大切です。その患者を短い時間だけで決めつけるには無理がありますが、患者の事情が少しわかっているのといないのとでは、その先に行う治療に大きく響いてきます。あとは、性格により鬱病にかかりやすいのかなどをチェックしていくこともできます。考え方や性格において、人として大きなズレが生じている部分があり、そのことが鬱病を引き起こしていると思われる場合、薬を処方する以外にも、カウンセリングを通して患者とよく話し合うこともあります。それはなぜかというと、薬だけを使って性格をシフトするのは困難だからです。患者がどのような性格を持っているのかを頭に入れることは、診断の質をより良いものにすることや、その後どの治療方法を駆使して患者を回復させるのかを決めるにあたり、重要となります。