看護師

精神治療に必要なこと

カウンセリング

精神科医はいい相談相手

頭がいいと言われる人でも、精神の問題は考え通りにはできません。たびたび取り上げられる鬱病は、そんな対処の難しい精神問題の一つです。この症状が対処が難しいと言われる大きな理由が、自分自身で症状を隠してしまうことです。とても辛いのに当人はまだ大丈夫と無理をします。そのせいで周りもなかなか気づくことができません。やっと自覚した時にはひどく悪化というケースが多いです。放置すると生活のあらゆる面で支障をきたす鬱病は、無理をしないことが大切です。精神的な不調を感じたら、すぐに病院へ行きましょう。病院へ行くことは、相談相手を見つけるという意味でも重要です。症状を隠してしまうように、鬱病のことはなかなか自分から言い出せません。そんなことを遠慮なく話すには、精神科の先生がうってつけなわけです。カウンセリングは、鬱病治療の一つです。自分の辛かった気持ちを全部聞いてもらうといいでしょう。理解ある人に打ち明けるだけでも、気分が楽になります。カウンセリング以外にも、薬の処方や認知行動療法などで鬱病の改善を目指してくれます。鬱病で苦しんでいる時には、心強い味方と感じることでしょう。精神科の先生は尽力してくれますが、本気で治したいなら自分で行動を起こすことも大事です。どんなに薬を飲んだとしても、不満をやストレスをため込む体質までは変わりません。鬱病改善は、負担を抑えるだけでなく負担の原因を発散することも重要です。負担軽減は先生の薬で十分なため、たまったストレスの発散を自発的に行いましょう。仲のいい人との雑談や趣味など、ストレス発散の方法は多くあります。たまったストレスを吐きだす習慣を付ければ、自然とため込まない体質に変わっていきます。この体質がものになれば、鬱病の改善は間近です。鬱病にかかる原因の多くが、不満などの精神的な負荷をそのままにしておくことです。この癖が治らない限り、例え改善できても再発の可能性がゼロになりません。先生からの助けだけをあてにするのではなく、自分でも改善を目指そうとすることが、鬱病治療で一番大切です。