【心の不調を改善しよう】鬱病の診断を受けるところを紹介

ナース

辛い今から抜け出すために

鬱病を発症した方を診断する場合、重要なのは診察になります。診察を通して患者が鬱病になった原因や患者の性格を理解し、きちんとした治療方法を見つけていきます。その際、薬だけでは治療できないとわかれば、カウンセリングが必要となる場合もあります。

カウンセリング

精神治療に必要なこと

鬱病の可能性を感じたら、すぐに病院へ行きましょう。精神科の先生は相談相手も請け負ってくれます。鬱病治療に必要なことは、不満のため込み体質をなくすことです。ストレスを発散する習慣を持ち、自発的に改善を目指すことが重要です。

気分が優れない場合には

うつ、鬱

どの科を利用すべきか

人間関係や多忙な仕事が原因で大きなストレスを抱え、鬱病を発症する方も今の時代いるでしょう。けれど鬱病になってしまった場合、果たしてどの病院へ通えばいいのか理解していないことがあるかもしれません。精神科や心療内科とうたっているところであれば、どの病院でも鬱病をはじめとするメンタル系の病気の治療、または診断をやってもらうことができます。その際、科のそれぞれの異なる部分を理解していることで、自分が望んでいるものに限りなく近い診断を受けることが可能です。精神科や心療内科に関しては、両方とも鬱病をメインとした精神疾患の診断を行うといった部分では、それほど大差はありません。それでは、一体どのような部分が異なるのかというと、心療内科においては心が関係して生じた体の病を治療・診断することを目的とした科になります。体の症状を調べていくため、心療内科は内科のひとつでもあります。受診してから示される治療方針・処方薬というのは、体の不具合を治していくためのものがメインになります。例を挙げると体がだるく感じるなど、体の不具合が目立つ症状としてある場合、心療内科へ足を運ぶのがよいでしょう。一方精神科に関しては、心が関係して生じた心の病の治療・診断を行うのを目的とした科です。例を出すと、気持ちが沈んで中々楽しい気分になれないという方であれば、精神科へ足を運ぶのが適しているでしょう。このことからも、心の調子が悪くなっているのをみていくのが精神科で、そして体の調子が悪くなっているのをみるのが心療内科という異なる点があります。しかし、鬱病を中心とした精神疾患のほとんどが、心に異常が出てきたり体に何か悪い部分が生じてきたりと、両方に問題が現れるケースがよくあります。心と体というのは切っても切れない関係なので、最終的には鬱病を抱えている場合はどちらの科も体・心のふたつとも調べ、診断に入っていきます。ですので、あえて分けることもなく精神科・心療内科と両方の名前を表に出し、鬱病を抱えている方が病院を利用しやすいよう工夫しているところも数々あるのが今の時代です。

女性

複雑にファクターが絡む

鬱病のなかには遷延性うつといって、うつ状態が長く続き治りにくいものがあります。自分の価値を否定するという心理状態から抜け出せないのが特徴です。その状態での生活が長引くことにより、社会適応も難しくなるので注意が必要です。

病院

うつ病かなと思ったら

心と体の病である鬱病は、少しでも早く心療内科等で診察してもらうのがベストです。初めて心療内科を利用する人は、通いやすい範囲にあり、カウンセリングにしっかりと時間をかけてくれて、患者さんに寄り添ってくれるところがベストです。

女の人

社会復帰が可能な病気です

鬱病は結婚や就職で、大きく環境が変化したり、身近な家族が亡くなると大きなストレスが掛かり、誰でも罹る可能性がある病気です。精神神経科では抗不安薬や、抗うつ剤、睡眠導入剤などの処方も受けられます。早めに医療機関を受診して下さい。